ミルテックジャパン|カビ|畳|福岡


カビガードシステム


新築当時または使用中に、カビの発生などが無くても、リフォーム時や使用休止時に、カビの発生や臭いの発生する確立が高くなります。
リフォーム時は新しい建材を使うことにより、新しい栄養分を微生物に与えることになったり、環境を変えることにより沈静化していた微生物に活力を与えることになるからです。
カビの根は、クロスの糊や塗料の水分により、十分胞子をつけたり菌糸を延ばし、すぐには表面には出てこなくてもやがて肉眼で見えるようになります。その 場合、条件の悪い結露しやすいところでは、塗装で6ヶ月、防カビクロスでは1~2年位ですから、取替えが原因とは分からず、十分カビが発育する数年後で は、通常それが当然というように受け取られ、施工業者は責任を感じることはありません。
リフォーム時に、もしあなたが防カビの知識も技術もなく理解できない内装業者や建築業者んみ施工を依頼するなら、経済的にも健康的にも不幸なことです。 また、防カビ業者にしても単にアイデアで行い、経験も基礎技術もない施工業者ではこれまた不幸な結果を持つことになります。「カビガードシステム(耐久性防カビ方法)」の特許は技術力の証明であり、公開されたハードの技術は安全の証です。


健康衛生面を考えれば、「根から断つ〝プロフェッショナル〟の防カビ施工」は、新築・リフォームに必須です!〝室内の結露防止〟と〝壁内部の結露防止〟とは、別の対策を立てるべきであり混同してはなりません!

お宅の畳…大丈夫ですか?
夏場は湿気の多い時期です。特に畳みや水廻りは気になるものですね。
家族の健康のためにも、どんな事でもお気軽にお問い合わせ下さい。




メールでのお問い合わせはこちらからLinkIcon